うつ病と似ている双極性障害の原因や治療法|遺伝子要素に環境要素

家族の協力

双極性障害を治していくためには、原因や治療法などの病気について知ることも大切ですが、一番は周りの人のサポートが大切です。家族の人が、患者をサポートすることで、治療を継続して進めることができるようになるのです。うつ状態の時は、静かで、躁状態の時は手に負えなくなってしまいます。そのため、家族はうつ状態の方が良いと捉えることが多いです。うつ状態は、双極性障害の病気の期間の3割〜5割を占めるほど長いのです。患者自身は辛いと思いますが、大して躁状態の時は調子が良くなるので、病気の自覚症状がありません。このように、患者と家族では感じ方が大きく違っているので、その違いがストレスを生んでしまうのです。

双極性障害の原因は、遺伝的要素なことが多いのですが、患者自身、家族が双極性障害という病気について理解を深めることで、前向きに治療を進めることができます。原因を知るだけではなく、患者がうつの症状と、躁の症状が出た時はどのような行動になるか、どのようなことが原因で症状が出るか、ということを家族で話し合っておいた方が良いです。あらかじめ話し合っておくことで、家庭内ではなるべく症状が出ないようにすることができます。

双極性障害の原因を解明するのではなく、治療をして、完治することを目的とすることが大切です。また、双極性障害は自殺したくなる、という症状もあります。これは、自ら死を選んでいるというよりは、病気の1つの症状なのです。