うつ病と似ている双極性障害の原因や治療法|遺伝子要素に環境要素

様々な原因

双極性障害という病気について

双極性障害を改善するためには、原因を知ることが重要です。薬物で治療を進めていくだけではなく、原因を知ることも治療の1つなのです。双極性障害の原因は、明確にされていないのですが、遺伝的要素、環境的要素などが複雑に絡み合っているという考えが、一番有力となっています。双極性障害の原因の中で、一番大きな要素となっているのが、遺伝的要素です。遺伝が関係しているのですが、1つの遺伝子だけではなく、複数の遺伝子が組み合わさったことによって、発症するのです。もちろん遺伝の確率は高いのですが、一卵性双生児の両方の発症率は100パーセントでは無いので、遺伝的要素だけが原因では無いことが分かります。

発症に関わる原因について

環境的要素も、双極性障害を発症する原因の1つになります。環境的要素というのは、生活している環境や育ってきた環境のことです。周囲から強いストレスを受けていると、それが発症の1つになる可能性があります。このように、双極性障害を発症する原因は様々ありますが、双極性障害を発症しやすい性格の人がいます。それは、社交的、心配りが周りにできる、ユーモアがある、などの性格の人です。このような性格の人は、ストレスを溜めやすい傾向があるので、双極性障害を発症する原因にもなるのです。

双極性障害は、多くの場合「うつ」から始まります。うつの状態が何回か続いた後に、突然躁になるのです。そのため、うつが続いている時はうつ病と思っていても、躁の症状が出たことで、双極性障害ということがわかった人も多いです。

双極性障害という病気の名前に聞き覚えのない人がほとんどだと思いますが、かつては、躁鬱病と呼ばれていた病気です。躁鬱病は多くの人が馴染みのある病名かも知れませんが、うつ病と混同している人も少なくありません。実は、双極性障害はうつ病とは全く異なる病気なのです。うつ病とは、うつの症状のみが現れる精神疾患のことを指します。一方、双極性障害とは、うつの症状とは別に、気分が異常に高まる躁状態が現れる病気のことなのです。躁状態になると、興奮状態を示し、誰彼かまわず話しかけたり、突然怒ったり、自制が効かなくなる症状がみられます。さらに、他にも違いが見られます。それは、うつは心の病気と言われますが、双極性障害は脳の病気なのです。つまり、うつ病と双極性障害は全く別の病気なのです。

双極性障害の原因について説明していきます。まだ完全に解明された病気ではありませんが、様々な研究から複数の要因が関連してると考えられています。まず、遺伝子が双極性障害発症に、最も深く関連していると言われています。勿論例外は存在しますが、遺伝的要素に由来するとされています。次に、性格も原因になります。双極性障害を発症しやすい性格があり、1つは、社交性があり親切な性格の持ち主です。もう1つは、ユーモアがありエネルギッシュな人、そして、物静かで穏やかな性格の人です。そして、環境も双極性障害の原因として挙げられます。生活環境などからストレスを受けることが原因になるのです。 まだまだ謎の多い病気ではありますが、医療機関などの適切な治療を受けることで、改善が見込める病気です。正しい認識を持って、前向きに治療に取り組むことが大切なのです。