うつ病と似ている双極性障害の原因や治療法|遺伝子要素に環境要素

まずは受診

双極性障害の疑いがある場合は、まず病院に足を運んで受診することが大切です。受診することで、原因が明確にすることができるわけではないですが、治療を進めることで、症状を緩和することができます。躁の症状、うつの症状がある双極性障害ですが、その症状が出ている時は、患者が感じていることと周りが感じていることは大きく違います。うつの症状の場合は、患者は気分が下がっているので、周囲も同情するような形になります。躁の症状の場合は気分が良く、患者は病気という自覚が無いので注意が必要です。ですから、受診する場合は、病気に関する原因、治療法などの情報を知ることも大切ですが、仕事場や家庭などの情報も非常に大切になります。

家族歴、躁の症状かもしれないと思う部分、うつの過去体験、抗うつ薬を服用したことがある、などの経験や情報は、治療する際に大きなポイントとなるので、受診の際にはしっかりと伝えておいた方が良いです。うつの症状が強い場合は、患者が家族に調子が悪いことを伝えに来るときは、病院が受診しやすいです。しかし、うつの症状がひどい時には、周囲と会話するのも嫌がります。人によって双極性障害の原因、症状は異なるので、状況を見て受診することが大切です。

双極性障害の原因は様々ありますが、まずは受診することで、完治への一歩を進めることがえきます。躁の症状の時は、患者は気分が良いので、受診することに同意してもらえず、なかなか病院に行こうとしません。だからといって、無理矢理病院に連れて行こうとするのは止めた方が良いです。信頼関係を失ってしまいますし、逆効果です。双極性障害の原因、本質を家族の人が理解することが大切です。