うつ病と似ている双極性障害の原因や治療法|遺伝子要素に環境要素

薬物療法

双極性障害の原因を知り、治療を進めることで、症状を緩和、完治していくことができます。基本的な治療として、どの病院でも薬物療法が行われます。薬物療法では、気分安定薬、抗精神病薬、抗うつ薬、睡眠薬などの薬を服用します。気分安定薬は、双極性障害の治療の中で中心となる薬です。気分安定薬を服用することで、躁の症状や、うつの症状のような、気分の起伏を小さくすることができます。気分を安定させる、という作用があるので、治療だけではなく、再発を防止する薬としても効果があります。原因が明確に解明されているわけでは無いのですが、基本的に双極性障害の治療を始める場合は、気分安定薬の処方から始まります。気分安定薬を服用しても、症状が緩和しない場合は、抗精神病薬を使用していきます。

抗精神病薬を服用することで、躁の症状のイライラや、興奮、行動的、活発的な行動を治めることができます。気持ちを穏やかにしたり、眠りやすくしたりする効果があります。双極性障害の原因は様々ありますが、治療薬は進化していて、どのような原因の場合でも効果が期待できます。また、再発予防効果がある抗精神病薬があったり、抗うつ効果があったりする場合もあります。

抗うつ薬は、うつ病の治療薬として使われることが多い薬です。双極性障害では、躁転させるリスクや、病状が悪化することもあるので、積極的に使われることはありませn。しかし、うつの症状が重症の場合は、気分安定薬と併用して、抗うつ薬が使われることがあります。睡眠障害がある時に、睡眠薬を使用します。寝付きが悪い、目覚めるのが早い、など症状に合わせて使用します。ただ、薬を使用してからといって、根本的な原因を改善したわけでは無いので、あまり使用しない方が良いです。